公務員試験対策講座のご案内
資料請求はこちら

公務員とは

 国または地方公共団体の公務を担当する者で、国であれば「国家公務員」、地方公共団体であれば「地方公務員」となります。

 国家公務員には、代表的なものとして、国家公務員総合職・一般職があります。仕事内容は、大きく事務系と技術系とに分かれ、国の官庁やその出先機関で勤務します。また、その他、国税専門官、労働基準監督官、裁判所職員など、専門性の高い特定分野の仕事を行う公務員もあります。

 地方公務員の仕事内容も幅広く、事務系であれば、一般行政事務や学校事務、あるいは警察事務に従事します。

主な公務員の種類

国家公務員総合職 中央官庁において政策の企画・立案、法律の制定・改正、予算編成、国会対応などの重要な国家行政に従事したり、地方出先機関での業務などに従事したりします。
国家公務員一般職 各官署や独立行政法人の事務所において、庶務、経理、企画、調査、指導、許認可などの事務又は技術的な事務に従事します。
国家公務員専門職
国税専門官
国税局や税務署において、適正な課税を維持し、また租税収入を確保するため、税務のスペシャリストとして、国税調査官、国税徴収官、国税査察官といった事務に従事します。
国家公務員専門職
労働基準監督官
厚生労働本省又は全国各地の労働局、労働基準監督署において、労働基準法、労働安全衛生法などに基づいて、工場、事業所などに立ち入り、違反があった場合には、刑事訴訟法に規定する司法警察員としての職務を行います。
裁判所職員 各裁判所の裁判部や事務局に配置され、裁判局では裁判所書記官のもとで各種の裁判事務を担当し、事務局では総務課、人事課、会計課、資料課等において司法行政事務全般を処理します。
地方上級 ・一般行政事務:本庁の各課や地方機関において、庶務・経理、予算、企画・立案、広報などに従事します。
・学校事務:県立学校又は公立小・中学校に勤務し、学校事務に従事します。
・警察事務:警察本部の各課、警察学校及び警察署において、庶務・経理、予算、企画・立案、広報などに従事します。

その他(非公務員)

国立大学法人等職員 事務系:国立大学法人の事務局など人事、会計、教務、学生支援などの業務や大学の附属図書館などで図書業務に従事します。